弛緩性便

弛緩性便秘

慢性便秘(まんせいべんぴ)を細かく分類していくと、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)があり、弛緩性便秘には主に二つの原因があるとされています。

 

運動不足による弛緩性便秘

 

まず一つ目に運動不足による筋力の低下があります。これは現代の人間に一番当てはまるものではないでしょうか。

 

仕事や趣味などで体を動かす事が出来る人ならばさほど問題では無いのですが、女性に多い事務仕事など、男女共通で仕事が休みの日は家でのんびり過ごすなど、ほとんど運動をしていない人はこれが一番原因になっているかも知れません。

 

その衰えた筋力の中でも特に、腹筋を鍛える事により腸の血行を促進し、腸の働きを活発にします。
他には、腹筋を鍛える事で排便する際に腹筋に力が入り排便がスムーズに行う事が出来るようになります。
腹筋が衰えると排便の際、腹筋に力が入らなくなり、いわゆる「ふんばり」が利かない為に排便が困難となってしまいます。
快適な生活を送る上で人間にとって腹筋は、とても大切な筋肉の一つですので、日常的に運動する事を心がけ腹筋を鍛えましょう。

 

加齢による弛緩性便秘

 

二つ目に加齢が原因で弛緩性便秘になっているケースがあります。
人は生まれながらにして、老化が始まるものですが、こればかりは避けて通る事は出来ません。

 

老化する事により消化器の機能が低下し、腸内に生息するビフィズス菌等の善玉菌が減りその分、悪玉菌の大腸菌などが増えてしまいます。
悪玉菌が増える事により腸に様々な悪影響を及ぼし、その中でも臭気ガスが発生したり、オナラが臭くなったり、免疫力の低下、発ガン性物質まで作り出してしまうのです。
オナラの匂いや、便のニオイが気になる方は、悪玉菌が原因になっている場合がある事を覚えておきましょう。

 

腸内の善玉菌を増やすにはカイテキオリゴがおすすめです。
カイテキオリゴは高純度(ほぼ100%)のオリゴ糖で、便秘解消に重要なビフィズス菌など体内の善玉菌を効果的にサポートし便秘解消へと導きます。

 


→ カイテキオリゴの詳細はこちら


このページの先頭へ戻る