一過性単純便秘

一過性単純便秘

一過性単純便秘とは急性便秘の中の一つであり、急な生活環境の変化が主な原因とされております。

 

食物繊維の摂取不足による一過性単純便秘

 

まず一つ目の原因として食物繊維の摂取不足があります。
一時的に偏った食生活が食物繊維の摂取量を不足させ、腸内で便を作る事が困難となり排便をスムーズに行う事が出来なくなってしまいます。
食物繊維は体内の有害物質を吸収し体外へ排便する際、スムーズに排出してくれる大切な役割をしています。

 

ストレスによる一過性単純便秘

 

続いて二つ目の原因として、ストレスがあります。
急な職場の変化や私生活での変化、妊娠など様々な事が原因でストレスを溜めてしまう事により一時的に自律神経が乱れ、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になりすぎて腸が痙攣する事で、一時的に痙攣性便秘になってしまうのです。
一時的なストレスであれば良いのですが、日常的にストレスを溜め込んでしまい続ける事により、慢性便秘の痙攣性便秘に移行してしまいます。


このページの先頭へ戻る