便秘薬の副作用

便秘薬の副作用

便秘薬で便秘解消するのも一つの手段ですが、便秘薬の副作用として、吐き気、腹痛、下痢などがあると言われております。
しかし、便秘薬には主に二つのタイプがあり副作用のあるものと無いものがあります。

 

便を柔らかくする便秘薬

 

一つは腸の中にある便を柔らかくする作用のあるタイプの便秘薬です。
腸内で溜まり続けた便は水分を失う事で硬くなり宿便してしまいます。この便秘薬は、その硬くなった便を柔らかくする事によって、スムーズな排便が可能となり便秘を解消してくます。
このタイプの便秘薬は、あまり副作用は無いと言われており、用量、用法を守り使用すれば問題ないかと思われます。

 

強制的に便を排出する便秘薬

 

もう一つのタイプの便秘薬は、それは腸に刺激を与えて排便を促すタイプの便秘薬です。
このタイプは強制的に便を排出させる薬であり、体に負担が掛かりすぎてしまいます。
便秘が長く続くと多くの方はこの薬に頼りがちですが、結局は根本的な解決になっていませんし、使い続ける事によって体の排便反射機能が衰え、蠕動運動(ぜんどううんどう)が麻痺し、ますます深刻な便秘になってしまうのです。
これは使用すればするほど、神経が麻痺し慢性化する事で効き目が薄くなってしまうからなのです。
初めて便秘薬を使用した頃は用量、用法を守っていたのに、今では服用する量が増えていると感じた方は深刻なケースになっている場合があります。

 

薬を使用する事はいけない事ではないのですが、便秘になってしまっている根本的な原因を見つけ出し改善する事が大事であり、時には便秘薬を上手に使いながら便秘解消を目指してはいかがでしょうか。

 

ニーズに合わせた便秘解消アイテム特集


このページの先頭へ戻る