妊娠と便秘

妊娠と便秘

妊娠すると、よく便秘になると言われておりますが実際のところはどうなんでしょうか?

 

これは確かによく聞く話で、ホルモンバランスが崩れるため便秘にはなりやすくはなりますが、妊娠している方はすべての人が便秘になっている訳でもありません。

 

それは便秘になってしまう人にいくつかの原因があり、それを見つけ出し改善出来るのであれば便秘は解消されるのです。
しかし、なかなかそうはいかないのが現実であり、その原因をいかに見つけ出せるかかカギになってきます。

 

つわりによる食生活の変化

 

人それぞれ、さまざまな原因を持っているのですが、その中に食生活の変化があります。
妊娠するとつわりが原因で食べれる物が極端に偏ってしまい食物繊維の摂取不足により便秘になるケースがあります。
食物繊維が不足すると理想の便が作り出せなく排便が困難となり便秘になってしまいます。
くだものや豆腐など、たくさんの食物繊維が含まれるものを食べる事が問題無いのですが、つわり中そうはいきません。
妊娠中はまず、食物繊維が多く含まれている物を調べ、その中で今の自分が食べれる物を地道に食べて行く事が大切になってきます。

 

神経質になりすぎた運動不足

 

他の原因として妊娠中は胎児の事が気になり、運動不足になりがちで運動を控えたり睡魔に襲われて寝てばかりの生活を送っている方もみえます。
やはり運動不足は便秘になる一つの原因なので適度な運動が必要になってきます。

 

胎児による腸の圧迫

 

妊娠中は、お腹の中で胎児がどんどん成長していく事でお腹が大きくなるとその分、腸を圧迫してしまい便の通りを妨げてしまいます。

 

妊娠中は、さまざまな原因で便秘を引き起こしやすい為に苦しむ方が多い様です。

 

妊娠中の便秘解消アイテム特集


このページの先頭へ戻る