赤ちゃんと便秘

赤ちゃんの便秘

便秘に苦しんでいる人は、下は新生児から上は高齢者ととても幅広く、そしてその便秘の種類も様々で、原因を特定するにはある程度の知識が必要になります。
その中でも自分自身で便秘を回避することができない人に赤ちゃんがいます。

 

赤ちゃんの場合、一人では何もできず周りの方の力が必要であり、そして赤ちゃんの体の不調を感じ取れる親が重要なのです。

 

便秘なの? 勘違いしやすい赤ちゃんの排便リズム

 

赤ちゃんは生後1ヶ月ぐらいまでは、便がとても柔らかく、1ヶ月を過ぎたころから徐々に形が整った便になって行きます。生後は体内の対応力が低く母乳やミルクを飲む事で、便を上手く作り出せない場合もあるようです。

 

生後は便の回数は多く月日が経つとともに腸内環境が整い、便の回数は減り一定のリズムになっていくと言われております。
便の回数が減ることで便秘と勘違いされている方がおられますが、そういった方は排出された便で判断できる場合もありますので一度便を確認してみてはいかがでしょうか。

 

便が柔らかい状態で排出されているのであれば、便秘の可能性は低く母乳が上手く体内に吸収されている為に便のかさが少なくなり排便の間隔がひらき健康な状態です。
そして母乳以外に離乳食を与えだすと便のかさが増え排便間隔が狭まり排便量も増えます。

 

赤ちゃんの便秘の症状としては、まず、便が硬くなりスムーズに排便することが出来ない事がほとんどで、もちろん排出された便は硬くそれを見て判断できます
便秘の原因としては、水分不足、一日を多く寝て過ごす為に母乳や離乳食の与える時間が不規則になってしまう事などがあげられます。

 

赤ちゃんの便秘解消アイテム特集


このページの先頭へ戻る